スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白テリアMIX親子犬引き出し 

きょうはテリアMIX親子犬の引き出しの日。

新たな飼い主となる、引き取り手のIさんとHさんの付き添いです。

私は先用があり、センターでの譲渡手続きの時間には間に合わなかったので、

引き出し後、病院に向う前に途中合流で待ち合わせました。


この日まで皆一同で心配していたのが、2匹の健康状態。

どうか元気で無事出られますように・・と祈る反面、
Iさんが当初引き取りを決めていた犬が、パルボに倒れたということがあり、
同時期、同施設に収容されていた2匹が、感染していない可能性はゼロ
ではないこと、心の中に置いていました。

引き取りの際の、職員の方の説明では、
”子供犬のほうは元気だが、親犬のほうは、昨夜より食欲がなく、
嘔吐した”そうですが、パルボ症状の下痢、血便は今のところ
ナシとの報告でした。

2匹を見たとき、元気そうだったので、少し安心・・したのもつかの間、
病院へ向う途中2匹ともはっきりと判る程の血便・嘔吐が始まりました。

時間的には引き出し後30分後くらいでしょうか.。。

2匹は至急、入院施設のある病院へ入院となりました。

パルボは、犬⇔犬間で感染する非常に感染力の高いウイルス。
(人間や猫にはうつりません)

我が家には3匹犬がいるため、わたしは安全を考慮して、
ガラス越しで見守りました。

いっぱい頭をなでてあげたかったけど、できずにごめんね。。


ワンステップ~happy smile animal~


この親子犬の名前・・
お母さん犬は薄茶の毛色にちなんで『メイプル』(左)
子供はホワイトカラーにちなんで『シュガー』(右)
となりました。


やっと外に出られたのに、病に伏せってしまい、
とても可哀想でした。。

隔離入院でインターフェロン投薬による集中治療が
続けられるそうです。

先生のお話では、6-7割だけど、助かる可能性はあるそうです。

いまはただただ、元気で退院できるよう祈るばかり。。。

がんばれ!!メイプル!シュガー!

      ******************************
パルボウイルス感染症(犬)

パルボとは 「極小の」 という意味で、このウイルスは大変強く、
煮沸しても1時間は死滅せず、アルコール等など通常消毒も
効きません。自然環境中では数カ月~1年以生存できると
されています。
「極小の」という意味を指すとおり、その感染力は凄まじく、
毛1本についたウイルスが人間の靴についてどこにでも運ばれる
可能性もある、非常にやっかいで、恐ろしい、死に至る、犬の
急性伝染病です。
免疫のない仔犬や、抵抗力のない犬は発症後1日程度で死亡する
こともあります。

*この病気は、ワクチンで防げます*

昨年、沖縄県では自然感染によりパルボ大流行となったケース
もあります。
(パルボウイルスが大流行 獣医師会「犬の予防接種を」掲載記事)

もしも・・のときに、命に関わる恐ろしい病のために、ワクチンが
存在します。犬を飼ってる方は必ず年に1度のワクチン接種を
してください。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://saranoki12.blog109.fc2.com/tb.php/63-09989a74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。