スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいニュース 

ワン友Iさんの付き添いでセンターに行ってきました。

収容ワンの中で、16年間連れ添って去年なくなった愛犬に
似ている犬を見つけ、できるなら引き取り希望したいという。

現状況のお話を聞き、引取りの希望の思いを伝える席へ
同行しました。


そこで職員の方から、とても嬉しく喜ばしいニュースを
聞くことができました。
これから栃木県も晴れて、成犬譲渡も可能なよう
道が開かれたとのこと。


今まで、譲渡会に出される譲渡対象は、選ばれし中の子犬たち。
こちらは希望者も多く、たくさんのコたちが幸せをつかみます。

その一方、

人間の身勝手な理由で捨てられてしまった犬、
お家に戻れないままの迷い犬、野良犬など、
日々、たくさんの成犬たちが、
たった4日の期限でガス室へと送られています。

栃木県ではこれまで、そんな収容犬については
たとえ引き取り希望者がいてもNGでした。
飼い主が引き取りに現れず、殺処分対象となってしまっていても
飼い主への返還以外認められませんでした。

理由は「決まり」だからです。
決まりは人が作るもの、それを変えるのも人。

収容犬譲渡によって、明日がないこたちにも、
明日への希望がつながる可能性が作れます。

この大きな一歩は、本当に本当に心から嬉しいことです。

「やったー♪」

ワンステップ~happy smile animal~-0903081610

きょうは日曜日。仔犬譲渡希望者のための、講習会が開かれていて
たくさんの人たちで賑わっていました。

掲示板には、飼い主さんから送られてきた、譲渡されていった動物たちの
幸せな様子が写っているたくさんの写真が飾ってありました。

笑顔いっぱいの幸せそうな動物たちの写真をみて
思わず涙が溢れました。



Iさんは、まず実際に引き取りしたいワンと直接会ってみて、
OKであれば、譲渡の手続きへ、との許可が下りました。

明日、私もそのこが収容されているセンターへ
一緒に付き添います。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://saranoki12.blog109.fc2.com/tb.php/49-e79e03c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。