スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェック&動物病院へ 

引取りのあと、動物病院の午後診療受付時間まで
2時間ほど時間があったので、
一緒に同行してもらったワン友のIさん宅でひと休み。

お水とフードを元気にぺロリ♪のあとに、

ムースシャンプーとタオルで体を拭いてあげ、
歩くとき滑らないように、伸びた手足の部分の毛をカット


ワンステップ~happy smile animal~-090307-4


こんな状態でした↓



ワンステップ~happy smile animal~-090307-5

・・伸び放題の毛は、足裏の肉球を完全に覆っていました。


それよりも驚いたのは、
一度も切ってもらったこともないような伸びすぎた爪。

ひどい巻き爪になっていました。

こんな爪ではとても道路は歩けません。



ワンステップ~happy smile animal~-090307-6


一番ひどかった親指の爪・・

黒く変色した伸びた爪先は、肉球に食い込み、突き刺さっていました。

長いことこの状態で、おそらく出血もしていたのでしょうか、
親指周辺部分の毛だけ赤黒く変色していました。

どんなにか痛かったでしょう。


ワンステップ~happy smile animal~-090307-7

洗面器のお湯で爪をやわらかくしてからカット・・を試みましたが、
あまりの伸びようで変色していて、どこまでを切っていいか分からず、
診察の時、診てもらうことにしました。

        * * * * * * 

昨年7月の迷い犬保護のときもお世話になった獣医さんのところへ。
心から動物を思う、気持ちの優しい先生です。

        * * * * * * 

性別 メス
犬種 パピヨン
体重 3キロ
年齢 不明

ある家の庭先にある犬小屋の上に置かれて放置されていたらしい。
その家の住人が朝みつけたことから、
前の晩に誰かが見知らぬ家の庭に捨てていった・・のでしょう。
こんな小さなこが自分で大きな犬小屋の上に乗れるわけはありません。

発見した住人より保健所に通報。
あまり歩けずにいたことから、センターでは負傷犬として隔離保護されていた。
(そのため他の犬との接触はなし)

・・・

負傷箇所なし。
後ろ足がO脚に曲がっていて、極端に筋肉が薄い。

地面を歩いたこともないような足裏・巻き爪の状態から、
おそらく悪質ブリーダー(繁殖業者)による放棄だろう、と先生。

狭いケージに閉じ込められて同じ体勢でいたこと、
脱臼してもそのまま放置されていたのが原因だろうとのこと。

歯は栄養不足なのか、老犬のようなボロボロの歯でした。
年齢はよくわからないそうですが、若くはないのかも?

心配していた後ろ足の状態は、
曲がったままそのまま完全に骨が成長しているようで、
痛がる様子もないことから、手術の必要はないとのことでした。

健康状態も問題なくひと安心です。


まったく啼かない本当におとなしいコ。

爪きりはさすがに痛かったようで少しキャンキャンと啼いていたけど、
がんばりました。

爪を綺麗に切ってもらって歩きやすくなったのか、
病院のあとは、嬉しそうにグングンと元気に歩きました。


診察を終えて、病院にて・・↓
「がんばったね!」


ワンステップ~happy smile animal~-090307-8

名前も知らぬ 小さなコ
おびえるような悲しい目をみたとき、
なんとかしてあげたいと思った。



3月6日

きのうはわたしの生まれた日。バースデー。

私にとっては、誕生のおめでたい祝いの日が、
このコにとっては命の期限の日・・でした。

私にとっては、生まれた「生」を意味する日が、
このコにとっては「死」を意味する日・・だったのです。
同じ日なのに・・。

なにか『縁』を感じました。

そうして会えた今日。


殺処分から救えた命。


君がいくつであっても、ほんの少し他のコと違ってても、
そんなことは何も問題じゃない。

生きてさえいてくれれば、何だってできるもんね。

幸せなこれからの明日に・・☆


・・君の笑顔のための、ワンステップ・・!

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://saranoki12.blog109.fc2.com/tb.php/48-c2aee638

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。