スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命はモノではない・・伝えたいこと 

先週末、市保健所の収容犬ページで、
昔、亡くした愛犬に似たコをみつけました。

10桁の管理番号をつけられ、特徴が書かれたページに、
たった3枚の写真。

澄んだ、まっすぐな、それでいて悲しそうなそのコの瞳をみて、
それからどうしても気になって頭から離れなくて。。

出してあげたいのに、出してあげられず、、
なんとかできないかと思いながらも、
なんの術もなく、動けぬまま、
気持ちの葛藤を持ち続けたまま、
期限の9日を迎えてしまいました。


また、手を合わせることしかできず、
何もできない自分の無力さにやりきれない気持ちが
いっぱいで。。

朝が明けて、時がきたらそのコは・・
・・・昨夜は眠れぬまま今日の日になりました。




昨年夏・・殺処分直前のワンのレスキューに携わり、
そこで初めて知って、目にしたこと。

その現実を伝えることが、まずわたしができる
大切なことのひとつだと思いました。

それは見ていて辛い、心の痛むことかもしれません。。
でもその見えない現実は今もこのときも
続いています。

目をそむけずに知ってほしいです。



不要ペット回収車の実態・・飼い主たちの言い分とは・・


スポンサーサイト

Comments

1 ■無題

確かに回収業なくなったきいてます でも過剰位悲惨なくなりませんね
甘く考えてるのは世間だよ

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://saranoki12.blog109.fc2.com/tb.php/33-925f41e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。