スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チロちゃん宅訪問《完結》 

きょうはIさんと、チロちゃん訪問の日でした!

お家へ近づくと、チロちゃんがゲートに繋がれていて
私たちをみて一瞬ウゥゥ・・・と唸ったけど、
すぐに気付いて、しっぽフリフリ☆

ちゃんと覚えててくれたようです^-^

先日差し上げた迷子札もちゃんと首輪につけててくれてました♪

インターホンを押すとご家族のみなさんがでてきて
「あらまぁ、いらしてたのですか!」と。

普通は誰か来たらチロちゃんが吠えるらしいのですが
吠えなかったので気付かなかったようです

ご家族が一番びっくりしていたのは、チロちゃんは帰ってきてから
以前よりも素直でおとなしくなったということ。

おばあちゃん曰く、今まで怒って怒って育ててきたそうで、
褒めることをあまりしなかったそうです。
そのせいか気難しいところがある性格とのことでした。
自分のいやなことでは歯をたてることもあったそうです。
(事実、「この犬咬みます。ご注意下さい」という
入口の紙も見せてもらいました)

おとなしいワンとしか思っていなかったので
それには私たちのほうがびっくりw

保護している間といえば・・
”階段のぼれたね~”
”たくさん歩いたね~”
”おりこうにお留守番してたね~”
”ごはん全部食べたね”
など、いちいち褒めてなでなでしてました☆

でもそれは、わざわざ褒めたわけでなく
チロちゃんが本当にがんばったから褒めただけですが
それがよい結果を生んだのかもしれません^-^


おばあちゃんが、チロちゃんがいつもいる場所(ベランダ)へも
案内してくれました。
チロとかいてある犬小屋、チロちゃんのための電気蚊取り機、雨よけなどがあり、
可愛がられてるんだな~と改めて理解しました。

無事の再会のお祝いに、今までのチロちゃんの写真をアルバムにいれて
プレゼントしました。
それとチラシも記念に一枚(笑)
すごく喜んでくれました☆

雨の中、初めて見かけたときのチロちゃんの
寂しそうな表情はもうなく、とってもニコニコの明るい笑顔でした☆

『お家に帰れて本当によかったね!チロちゃん』
ワンステップ~happy smile animal~




帰りにIさん家で話をしました。

Iさんの机の上には亡くなった愛犬の遺影と、ずっとそばにいたいと願い、
埋められないままの遺骨がありました。


愛犬の死をいまだに受け入れられないIさんは、
チロちゃんの温かな生身の体に触れたことで、
改めて愛犬がもうこの世にはいないことを知ったそう。
姿の似たチロちゃんとの出会いは《もうそんなに悲しまないで・・》という
愛犬からのメッセージと、感じたようです。

私は・・・
チロちゃんと出会いの前に、保健所で収容された動物の殺処分の
現実をとあるサイトでしりました。

その殺処分の実態とは、「安楽死」ではなく、
二酸化炭素ガスによる窒息死。。
それは一瞬の死ではなく、
苦しみもがいて、動物たちは死んで行く。。

それからというものいろいろなページをみては、
身勝手な人間のエゴのために犠牲になった尊い命に涙し、
困っている動物たちを何とか助けたいとおもっていた矢先・・でした。

わたしもIさんも、この出会いは偶然ではなく、何か意味のあるものだと
今でも思っています。
なにかのメッセージだと・・。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://saranoki12.blog109.fc2.com/tb.php/20-c0266ff2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。