スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画】命の現場3 最後の願い 

9月20~26日は動物愛護週間です。

○○週間は数多くありますが、
この「動物愛護週間」は国が定めた唯一の週間です。

人と動物が共生したよりよい社会をめざして、
国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と
関心を深めてもらうために定められました。

フジテレビの「ニュースJAPAN」では、命の現場・・をテーマに
特集を組み、3回に渡るシリーズで取り上げてくださいました。


犬殺処分ゼロを目指す熊本市の挑戦
「持ち込みの飼い主説得・HP開設し迷い犬紹介で生存率82%という
地道な努力で成果」をあげている熊本市の動愛センターリポート

そして、TVでは今まで取り上げられなかった部分への、
突き進んだ殺処分の現状リポートです。

ぜひご覧ください。


*番組の最後に、ショッキングな映像が流れますが、
 どうか目をそむけずに、知ってほしいです。
 そして、ご自身の心で何かを感じて いただければ幸いです。

【動画】命の現場② 子犬工場・・・悪質業者の闇

【動画】命の現場① 深夜眠れぬ子犬たち

FNN特集

もう面倒見切れない・・ハハ、もうしょうがない。と、幼い孫娘を引きつれ
仔犬を2匹持ちこんだ男性。

また別の男性の持ち込んだのは、猟犬のセッター。
大きな腫瘍ができているのに、満足な治療を受けられず、苦しんでいた。

洋服を着たまま捨てられたシーズーは、飼われて10年目だった。

段ボール箱の中には、生まれてまもない子犬たち。

白内障の老犬。

流行で買われたゴールデンレトリバーやシェパードなどの大型犬も。

飼育放棄で持ち込まれる犬があとを絶たない、全国の動物愛護センター。
ペットブームの裏側で、こんな現実が毎日続いています。

-----------------------------------------------

動物も、わたしたち人間と同じ、命ある生き物。

動物は何もわからない・・と思っているのは、
人間だけかもしれません。

彼らは彼ら自身の目で見、想う心ももっています。

人と同じ言葉を発しなくとも、ちゃんと意思を持ち、
不安や恐れ、痛みや苦しみだって感じます。

・・最後の瞬間、彼らの瞳に映ったものはなんだったでしょう。

・・最後の瞬間はどんな思いの中にいたでしょう。


年間34万頭、一日に1000頭もの罪なき命が奪われている現実。


-----------------------------------------------

ご意見・ご感想を是非フジテレビ宛に送って下さい。
一人一人の声が、反響となり、次の放送へつながります。


http://wwwz.fujitv.co.jp/nj/index.html
(サイトの左下に感想を送れるフォームがあります)

携帯サイトはコチラ
http://www.fujitv.co.jp/safe/red_mpl/m/
998000026.cgi?url=/m/nj/index.html&bcd=998000026&type=M

*番組に意見を送る際、「youtubeで見ました」と書くと、
アップロードファイルが削除対象となってしまう可能性が
あるようです。ご注意下さい。


-----------------------------------------------------
(無断転写・トラックバック・どうぞお使いください)

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://saranoki12.blog109.fc2.com/tb.php/122-3beb6980

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。